dcsimg

用語集

用語集

基準価額
純資産総額÷受益権の総口数で計算されます。投資信託に組入れている株式や公社債等、すべての資産を毎日の時価で評価し、その純資産総額を受益権総口数で割った額です。
解約価額
解約時基準価額から、信託財産留保額を差し引いて計算されます。
分配金
受益者に分配される収益で、普通分配金と特別分配金があります。
償還金
期間のある投資信託の場合は、信託期間の終了日の時点で信託財産をすべて現金化し、受益権口数に応じて配分します。(なお、信託期間の終了日を迎える前に繰り上げ償還する場合があります。)
繰り上げ償還
償還条項のある投資信託は、信託期間終了日前でもその償還条項に該当する状況になった場合は繰り上げ償還されることがあります。
信託財産留保額
投資家が信託期間終了日前に解約する時に控除される額です。解約に伴う組入れ資産の売却などに必要とするコストを解約者が負担し、残りの受益者が不利にならないようにします。
単位型投資信託 (ユニット型投資信託)
募集期間のみ購入することができ一定の信託期間がある投信です。
追加型投資信託(オープン型投資信託 )
いつでも購入・換金ができる投資信託です。
ファミリーファンド方式
ファミリーファンド方式とは、投資家がその資金をベビーファンドに投資し、ベビーファンドがその資金をマザーファンドに投資して、その実質的な運用をマザーファンドで行う仕組みです。
委託者(委託会社)
投資信託を設定、運用する投資信託会社のことです。
受託者(受託銀行)
投資家から集めた資金の保管・管理を行う信託銀行のことです。
格付け
債券の元本および利息が契約の定め通り支払われる確実性の程度により、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)社やムーディーズ社といった格付機関が付与する信用格付け。信用リスクをはかるための指標となります。
デュレーション
債券の投資元本の平均回収期間。金利の変化に対する債券価格の変動率を表します。
アクティブ運用
アクティブ運用とは、ファンドマネジャーが独自の企業調査・分析により、ファンドのベンチマーク(TOPIXや日経平均など)を上回る運用成果を目指すものです。
インデックス運用(パッシブ運用)
インデックス運用とは、TOPIXや日経平均など、ファンドのベンチマークに連動した運用成果を目指すものです。
PER (Price Earning Ratio,株価収益率)
1株当り利益と株価を比較する指標です。株価をEPS(1株当り当期純利益)で割って求めます。
企業 Aの株価は、市場でついている1株の価格を示しますが、現実に企業Aが1株当たり年間に稼ぎ出しているのはEPSです。PERは、株価がこの企業の何年分の利益に相当するかを示しています。当然、利益成長率が高い企業の株価は、相対的に高いPERが許容されますが、将来の利益成長は、不確定です。その意味で、一般的に高いPERの株式に投資するにはリスクを伴うということができます。利益成長に対する確信度と株価水準のバランスを見極めることが重要です。
PBR (Price to Book Value Ratio, 株価純資産倍率)
1株当たり純資産(簿価)の何倍まで株価が買われているかを示す倍率です。
これが1を割り込んでいるかどうか、つまり1株当り純資産が株価を割り込み、株価が企業の解散価値をも下回ったかどうかというような観点から、株価の割安度の目安として使われます。通常、この指標が企業の解散価値に着目したものであるため、株価の下値サポートラインとして使われる傾向にあります。しかしながら、日本の会計制度に対する不信感などから、この指標に対する懸念がもたれることもあり、簿価ではなく時価で資産評価を行ったものを、修正PBRと呼ばれ、通常は区別して使用されます。 類似の株価指標としては、バブル期に多用されたQレシオやソフトバンクなどの投資会社の評価時に使用するNAV(Net Asset Value)等があります。
ROE (Return on Equity、株主資本利益率)
株主の持ち分である株主資本をいかに有効に活用して利益を上げているかを見る投資尺度です。
税引後利益を株主資本(自己資本)で割って計算します。尚、持続的企業成長力は(ROE-配当性向)で表せることから、企業の成長性を測る場合には、必ず着目される株式指標です。
ROA (Return on Assets、総資本利益率)
会社のサイズに対する利益の多寡を見る指標として、ROE(株主資本利益率)と並んで使用されます。
株主資本だけでなく、負債総額についても考慮した指標です。ROAは純利益の総資本に対する比率を表しているため、企業が、自らの図体(バランスシート)に見合った利益をあげているかを判定するのに適した指標です。

Page Top