dcsimg

米国小型株投資の魅力

長期にわたり良好なパフォーマンスを示す米国小型株。今後も相対的に高い成長が期待されます。

2002年以降、米国小型株のパフォーマンスは各国・地域の株式指数を相対的に上回っています。
米国小型株の銘柄には国内景気の恩恵を受けやすい企業が多く、国内事業比率が相対的に高いという特徴があります。今後米国経済が内需を中心として堅調と想定される
局面において、大型株よりも高い成長が期待されます。

各国・地域の株式指数の推移

関連ファンドのご紹介

イーストスプリング
米国小型厳選バリュー株ファンド
Aコース(為替ヘッジあり)
追加型投信/海外/株式

イーストスプリング
米国小型厳選バリュー株ファンド
Bコース(為替ヘッジなし)
追加型投信/海外/株式

運用体制

当ファンドの株式等は、当社グループの米国運用拠点、ピーピーエム アメリカ インク(以下「PPMA」)が、ボトムアップ・アプローチに基づく伝統的なバリュー投
資スタイルによる運用を行います。投資対象ユニバース約1,600銘柄を、スクリーニングおよび徹底した個別銘柄調査により約45-55銘柄程度まで絞り込み、厳選した
比較的少数の銘柄に投資します。
PPMAは、当ファンドの類似運用戦略「米国小型株バリュー戦略」* において20年以上の運用実績を有し、同戦略のパフォーマンスは、中長期的に米国の代表的な株価
指数を大きく上回っています。

ピーピーエム アメリカ インク(PPMA)について

PPMAは、イーストスプリング・インベストメンツ・グループが所属する英国プルーデンシャル社(以下「最終親会社」)*1 が米国にて展開する資産運用会社です。1990年にシカゴで設立し、資産運用額は約 1,114億米ドル(約11兆円)*2 におよび、約120名の運用プロフェッショナルが運用業務にあたっています。生命保険や年金等の運用に高い実績を持つ同社は、株式運用に関してもバリュー投資のスタイルで高い評価を受けており、米国小型株式の運用戦略においても、1994年3月以来、良好な実績を残してきました。

*1 イーストスプリング・インベストメンツおよび最終親会社は、主に米国で事業を展開しているプルデンシャル・ファイナンシャル社とは関係がありません。
*2 1米ドル=102.91円で換算(2016年6月末時点)。PPMファイナンス・インク(コマーシャル・モーゲージ・ローン、不動産投資などの証券化されていない資産を運用する系列会社)の資産を含みます。

PPMAオフィス
(ご参考)当ファンドの類似運用戦略の累積リターン

イーストスプリング・インベストメンツ株式会社について

165年以上の歴史を有する英国の金融サービスグループの一員です。

Eastspring Investments
  • イーストスプリング・インベストメンツ株式会社は、1999年の設立以来、日本の投資家のみなさまに資産運用サービスを提供しています。
  • イーストスプリング・インベストメンツ株式会社の最終親会社は、英国、米国、アジアをはじめとした世界各国で業務を展開しています。
  • 最終親会社グループはいち早くアジアの成長性に着目し、2017年1月末現在、アジアでは14の国や地域で生命保険および資産運用を中心に金融サービスを提供しています。最終親会社グループの運用資産総額は、2016年6月末現在、約5,620億ポンド(約77兆円、1ポンド=138.41円)に上ります。

2017年4月現在